たぴおの株式投資日記 時々 英語

30代サラリーマン投資初心者が、株式投資をしながらのんびり資産管理をしています。時々英語について綴っています (英検1級 TOEIC950程度)

毎日株価を見る必要は無い

ある程度長期で保有することを前提とするならば、日々の株価を眺めている意味はほとんどありません。

 

分かっているんですけどね。見てしまいますね。

 

下がっていたからといってショックを受けるような心境ではないですし、上がっていたからといって売ることもありません。だったら見なくていいじゃん!

 

でも、見てしまいますね。気になる。

 

私は父から贈与された武田薬品の株が3000株あるのですが(父ちゃんありがとう)、不思議なことにこの株に関しては一切気になりません。時価でいうと資産額1500万~1800万程度をうろついており、その増減の幅は月給に相当する日もあるはずです。

 

しかし、一切気にならない。まあ、父からもらった分は野村證券に預けており、私個人が使っているのは楽天証券なので、野村證券の口座を見ることが無いからというのも理由のひとつとしてあるのですが。

 

ちなみに父は、武田薬品株を40年以上保有しており、一度も売却していません。おそらく株価も知らないんじゃないか。これが本来の「長期投資」というものでしょうね。私もいつか株価が全く気にならないどーんとした投資家になれるのでしょうか。

 

あ、ちなみに父はまだ健康そのものです。生前贈与です。贈与税も払っています。

 

たぴお

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村