読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぴおの株式投資日記 時々 英語

30代サラリーマン投資初心者が、株式投資をしながらのんびり資産管理をしています。時々英語について綴っています (英検1級 TOEIC950程度)

マネーリテラシー

友人夫婦(共に30歳)が中古マンションを買ったようです。

 

結構築年数を経ている物件なので、2000万しなかったそうです。一度遊びに行きましたけど、いい買い物だったんじゃないでしょうか。私は無知なので何がいいかどうかは分かりませんが、人里離れた高台に新築マンションを買うよりはよかったと思います。

 

頭金500万ぐらい入れて、残りは月々7~8万ぐらいの家賃になるかな・・・という話だったので、この低金利だから1500万ぐらいの「借金」なら若いし共働きだし、かなりゆとりもって返せるんじゃないかと伝えましたところ、「借金って言わないで!」と奥様からぴしゃり。

 

いや、申し訳ない。言葉のチョイスが良くなかった。

 

でも、なんと言えばいいの?と聞いてみたら答えに詰まりながら

 

「うーん・・・ローン?」

 

借金やがな!

 

ローンは銀行側からみた英単語で、「貸付金」という意味です。借りた側から見たら「借入金」です。日本人が嫌いな「借金」という言葉を、巧みに「住宅ローン」などという耳障りのいい言葉にすりかえるなんて、ずるいですよね銀行さん。

 

全然かまわないんですよ。賃貸か購入かなんて正解は出ないんだろうし、金額もたいしたことないし何の問題もないと思います。ただ、仲のいい友達なので自分が借金しているという認識は持っておいたほうがいいんじゃないかな・・・ということをそれとなく伝えておきました。

 

余計なお世話ですね。

 

たぴお