読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぴおの株式投資日記 時々 英語

30代サラリーマン投資初心者が、株式投資をしながらのんびり資産管理をしています。時々英語について綴っています (英検1級 TOEIC950程度)

家 買うのか借りるのか

お金

議論し続けられていることですよね。買うのか借りるのか。結論から言うと、私は今のところ買う予定はありません。幸い妻も同じ意見なので助かります。

 

賃貸か購入かで比較されるのは、住宅ローンを組んで35年後に払い終わり、その後は家賃がかからないパターンと、更新料や引越料を加味し、一生家賃として払い続ける場合でどちらが安いかという記事が多いです。

 

そりゃそこだけの金額で考えれば、、生き続ければ続けるほど賃貸が不利になるでしょう。

 

家賃のことを考えて家を買うというのは、超長期的に家賃を一括前払いするようなイメージですよね。それなら私は賃貸を選びます。少々割高でも、リスクが少ないし、何よりきれいな家に住み続けられます。あと隣人に狂気な人がいても引っ越せる・・・。

 

今日買ったその家(or マンション)、35年後無事ですか。大分技術が進歩して、ここ15年以内に建ったマンションは今でもそれなりの景観を残していますが、35年前に建ってるマンションはなかなかのものですよね。今から住みたいとは思わないです。

 

35年後の未来がどうなってるかなんて、本当に分かりませんよ。ありえないと思っていることが起こっている、35年とはそれが起こりうる時の流れですよね。

 

今の理想は、将来的に株の配当で年間300万ぐらい安定してもらい、それで家賃を払い続ける生活です。住宅ローンで削り取られているより、今の間にリスクを取って株を買い込んだほうがいいというのが今の考えです。

 

でも、分かりませんよ。子供も出来たし考え方は変わるかもしれません。しかし、賃貸であれば考え方が変わっても流動的に動けます。それも一つのメリットですね。

 

今家を購入しようとしている方、もう一度考えてみてください。家賃とローンの比較という、住宅メーカーの謳い文句ではなく、ご自身が本当に欲しいと思っているかどうかを。欲しいのであれば、それはそれでいい買い物だと思います。

 

たぴお