たぴおの株式投資日記 時々 英語

30代サラリーマン投資初心者が、株式投資をしながらのんびり資産管理をしています。時々英語について綴っています (英検1級 TOEIC950程度)

英語 読めるけど書けない 聞き取れるけど喋れない

受験英語を勉強してきたので、英語は読めるけど書けない。聞き取りは何とかできるけど、話すことは苦手。

 

よくある話ですよね。なぜでしょうか・・・いやいやいや、当然です。

 

そもそも「読む・聞く」と「書く・話す」では求められるレベルが全然違います。

理解していることがPassive knowledgeかActive knowledgeなのかということです。

 

Passive knowledgeは、しっかりとは理解できていないが、目にした時、聞いたときに思い出すことが出来るもの。日本人は多かれ少なかれ英語教育を受けているので、曖昧ではありますがある程度の知識を持っています。なので、読んだり聞いたりするとなんとなく英語が分かります。

 

Active knowledgeとは、より理解が深まり自身で能動的に活用できるものをいいます。PassiveからActiveに変わって初めて「書く・話す」ことができるようになります。

 

漢字に例えると分かりやすいかもしれません。私たちは多くの漢字を「読む」ことができますが、いざ「書く」となると全然浮かばないときがありますよね。まさにそういう状態です。

 

英語を本当に理解して読むことができているのであれば、本来は時間さえあれば書くこともできるはずです。それができないのは、大よそ読めている気になっているだけで、理解が浅いのです。

 

「聞く・話す」には話すスピードと発音が関わってくるので、「読む・書く」より難しい部分はあります。しかし、根本は同じです。自身で活用できるように知識、理解が深まれば、いずれActive knowledgeと変わり「書く・話す」ことができるようになります。

 

量をこなすしかないということですね。私もまだまだPassive Knowledgeばかりです。

 

 

たぴお

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村