読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぴおの株式投資日記 時々 英語

30代サラリーマン投資初心者が、株式投資をしながらのんびり資産管理をしています。時々英語について綴っています (英検1級 TOEIC950程度)

言語の力

「日本人は英語が苦手だ」、「新興国の人のほうがよっぽど英語が出来るのは

情けない」といったことを言う人がいます。

 

日本人が英語が苦手なことにはいくつか理由があると思うのですが、

単純に日本語と英語には相当違いがあり、日本人にとって英語は難しいんです。

私は地理だけではなく、言語と言語の間にも「距離」があると思っています。

日本語と英語(ゲルマン語系)には相当距離があると勝手に思っています。

 

そしてもうひとつは、日本人にとって英語が必要ではないということがあります。

「グローバル社会」、「世界共通語は英語」、「英語ぐらい話せないと恥ずかしい」、

などと叫ばれて何年経ちましょうか。

 

もう一度考えてみてください。みなさん、英語が話せなくて本当に困っていますか?

実際は稀に外人に道を聞かれて、うまく答えられなかったぐらいのものでしょう。

多くの日本人にとって英語は必要ないのです。必要ないから使っていないのです。

それはなぜか。日本の国力が高いからです。

 

みなさん何か学びたいと思ったとき、本屋に行けば何でも日本語で書かれた参考書が、

お手ごろな価格でそろうでしょう。

日本には国力があるので、最新の情報がすぐに翻訳されて出てくるのです。

学生時代に留学していたときに、パキスタン人が、「自分たちの国では主要言語(英仏独等)を習得しなければ、スタートラインにすら立てない。母国語だけでは専門書が揃わないんだ」と嘆いていました。

日本に生まれ、日本語を習得しているだけで恵まれた環境にいるのだと自覚した

瞬間でした。

 

英語が必要だ必要だと騒ぐ前に、本当に必要かどうかもう一度考えてみてください。

それでも必要なら、勉強しましょう。私は一度フランス語の勉強もしましたが、

必要ではなかったために根気が足りず、挫折しました。

そのことによって一度も困ったことはありません。

 

たぴお

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村