読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぴおの株式投資日記 時々 英語

30代サラリーマン投資初心者が、株式投資をしながらのんびり資産管理をしています。時々英語について綴っています (英検1級 TOEIC950程度)

聞き流すだけで上達する?

どの教材とは書きませんが、「聞き流しているだけで英語が話せるように」とか、

「気がついたら無意識に英語を話していました」のような広告をよく目にしますね。

不思議なのですが「気づいたら英語が話せていました!」というインタビューを

受けている方々は、なぜ日本語で答えているのでしょうね。せっかくなんだから

その喜びを英語で答えてみたらいいのに。

 

 

私の同僚からも、英語を勉強してみたいけど、ああいうのはどうかという質問を

受けることがあります。気持ちはすごく分かります。

働いていると勉強する時間も気力もありませんよね。

私も一時期フランス語に手を出したことがありましたが、

正直仕事終わりや休日に勉強することが出来ず、自然消滅してしまいました。

 

 

結論を言うと、「聞き流す」だけで話せるようにはなりません。少なくとも20歳を

超えた私たちにそんなミラクルは起こりません。

小さい子供は日々英語のシャワーを浴びるだけで話せるようになるというのが

大体のうたい文句ですが、成長段階で言語を習得して行く子供たちと、

いい歳したわれわれが同じはずも無いわけで。

それと、生まれてから言葉を覚えるまでの子供は、必死になって両親の言葉を

聞き取り、まねしようとしています。

それが理解できるかどうかが彼らには死活問題だからです。

電車の中で眠りながら聞き流している大人とはわけが違います。

 

もし、われわれも英語を1年以内に覚えなければ国から追放です!

というような事態が発生し、聞き取れなければ生命が危ないと分かれば

必死になって英語のシャワーを聞き取ろうとするので、上達するかもしれませんね。

その場合は間違いなく「聞き流す」わけには行きません。

 

残念ながらこつこつと時間をかけて勉強する以外に方法は無いというように思います。

高い教材に手を出す前に、まずは本屋で2000円ぐらいで売っている参考書を

試してみてはいかがでしょうか。

 

たぴお