たぴおの株式投資日記 時々 英語

30代サラリーマン投資初心者が、株式投資をしながらのんびり資産管理をしています。時々英語について綴っています (英検1級 TOEIC950程度)

投資信託ってどうなの

株をはじめて間もないころ、分散投資の極みはインデックス型の投資信託だ!というブログや本を読んで、真に受けて積み立て投資していましたが、ある程度したら全部売り払いました。

 

結局基準価格を見ていると、日経平均と連動していて上がったり下がったりの繰り返しで全然上昇していませんよね。積み立てなら時間分散をしていつから始めてもいずれ儲かるような書き方をされてたりもしますが、それも常に基準価格が右肩上がりであればの話であって、日経平均は1989年の高値以降、ずっと10000~20000円のボックス圏内です。

 

これでは時間分散しようがピンポイント投資しようが、高いときに売り逃げなければ利益が出ませんよね。配当金を再投資しているのなら、上下しながらも右肩上がりになってもらわないと価値は無いと思うのですが。

 

それなら、個別銘柄で配当金をもらいつつ再投資したほうがいいと思い、積み立てていた投資信託を利益が出ているうちにすべて解消いたしました。今思えばやはり売っておいてよかったです。

 

また、アクティブファンドと呼ばれるところも同じ理由で魅力的ではないですよね。長期投資の代表格のようなさわかみファンドも、結局スタート時に参加した人は今でも含み益でしょうが、リーマンショック前に参加した人はいまだにたいした利益は出ていない、もしくは含み損ではないでしょうか。

 

澤上先生は時間分散すればとてつもないほど膨らんでいくようなことをおっしゃっていますが、信じて10年以上投資している人の資産は今・・・?って感じでしょう。

 

唯一アクティブファンドで本当にすごいと思うのは、ひふみ投信ですね。あのようなチャートを描くアクティブファンドなら、いつ参入しても時間分散すれば利益が出るような気がします。

 

やっぱり・・・長期投資に向いているのは米国株なのかな。

 

たぴお

買い P&G

余剰金が多くなってきたこともあり、昨日P&Gを170株(中途半端!)買い増ししました。

特に深い理由があるわけではありません。不確定要素が多いなかでも、やはり米国は強いんだろうなと思い、いつまで待ってても仕方ないので買いました。

日本株と違ってずっと右肩上がりなので、直近の底値で買えなくてもいいでしょう。

日本株は本当に下がるときとてつもなく下がりますからね。買い増ししたいけど、大人しく次のタイミングを待ちたいと思います。もし来ないようなら、貯まったお金は米国株に注ぎ込むつもりです。


たぴお

余剰金が1000万円を超えました

トランプ相場が始まったときに、利が乗った銘柄をいくつか処分したこともありますが、先月の給料のあまり等を楽天口座に移したところ、投資待機資金が1000万円を超えました。

 

考えたら貯金1000万と思えば結構な額ですよね。投資を始めてからお金の感覚が若干麻痺しています。生活費として考えたら大金ですが、投資資金として捕らえたら実感の無い単なる数字に見えてきます。いいのか悪いのか分かりませんね。

 

ただ、目の前に1000万積まれたとしても欲しいものも特に無いので、これでいいのだと思います。車とかタワーマンションとか興味無いし。

 

トランプ相場も停滞気味。細かく上下はしていますが、方向性に乏しいですよね。P&G株を買い増したいので、下がるか円高にふれるかして欲しいのですが、なかなか思うようには行きません。

 

米国株は本当に長い目で見たら堅調なので、やっぱり米国株にシフトしていこうかなと思い始めてきました。時間分散、積み立て、ドルコスト平均法とか色々言っても、それは長い目で見たら右肩上がりになっていることが前提になっているので、そういう意味では日本株はバブル時の最高値をいまだに捉えられていないし、単に枠の中で上下しているだけですよね。

 

ただ、日本株のいいところは配当金が日本円で直接入るところ。米国株の場合、米国と日本両方に税金を持っていかれるので、配当率が悪くなってしまいます。

 

どうしようかな・・・。

 

たぴお

TOEIC義務付け

過去に何度も試されては、何度も立ち消え失敗してきましたが、またうちの会社でTOEICの受験が義務付けられるようです。管理職は600以上が努力義務だと。私は不幸にも管理職ではないので、受験さえすればいいようですね。

 

外資なので人事担当者がころころと変わるから同じような企画がまた出てくるんでしょうか。

 

早速周りの人からどうすればいいか訪ねられましたが、そもそも平社員は受けるだけでいいので、英語を勉強する気が無いのなら辛いでしょうが試験だけ受ければいいのではないかと、やんわりと伝えておきました。

 

管理職の600点ですね。600点は分からないところは飛ばして、分かるところだけ確実に埋めて、最後までリーディングパートをやりきれば何とかなるレベルだと思いますね。

 

しかし英語が必須言語、これからは英語が出来ない人は出世しないと叫ばれて何年経ちましょうか。うちの会社はアメリカ資本ですが、今のところ営業本部長クラスまで英語が出来ませんが、困っている様子は全くありません。社長はどこかからやって来ては違う会社へ消えていくので、堪能な人がなっていると思いますが。

 

そろそろ無駄なことはやめませんか。やりたい人、本当にやらなければならない人は既にやってますって。やりたくない人、やる必要の無い人が無理やりTOEICで600点取ったところで、何の役にも立たないですよ。

 

たぴお

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

会社の体制変更

私は外資に勤めているのですが、頻繁に体制が変わります。アメリカはほんと組織変更が好きですね。

 

今年はかなり大きく変更になるとのことで(毎年言ってますが)、先週いろいろと説明がありました。組織変更は慣れているのでかまわないのですが、給与体系が変わるようです。社員に損はありません!と社長が連呼していましたが、大体「損」という言葉が連呼されている時点で、何か損があるのでしょう。

 

提示されたものをかなり細かくチェックしましたが、やはり全体としては上手く調整されていました。ただ、コンセプトとしては若手の賃金を上げて、上の人の賃金を下げるという変更になっているので、私としてはありがたい話です。おじさんたちは青ざめていましたが(笑)

 

やはり、労働者は弱いですね。嫌なら提訴するか辞めるしかないですから。開放されるためには・・・どうするか。5億円ぐらいあったら配当金だけで悠々と生活できるのでしょうか。

 

がんばろう・・・。

 

たぴお

国家間の約束が守れないのか

いつまで隣国のわがままに付き合う気でしょうか。安倍さんがいい首相かどうかは分かりませんが、とりあえず歴代の首相に比べたらこの件に関してはまだ強気なのでありがたいです。

 

そもそも、大昔に完全に解決済みな問題を、一昨年再度合意して「不可逆的に」解決したことを確認したにもかかわらず、合意内容が不十分とか言ってわめいてるのはどういうことなのか。

 

日本だって国民の感情は許していないにもかかわらず、国家として道義的責任を感じていますといって10億円支払ったわけです。金額の大小の問題ではない。細かいことを知らない欧米の人たちから見たら、あることないことでっち上げられた慰安婦問題を、日本が責任を認めたと思われかねない話しを飲んだわけです。

 

それを受け取った後に返せば合意破棄が出来るとか、親戚の金の貸し借りじゃないんだからそんな話しが通るわけないでしょう。未熟にも程がありますよ。

 

かの国と距離を置いてわれわれは何か困りますか?「未来志向」、もう聞き飽きましたよその言葉。

 

たぴお

張り付いたまま動かない株価

トランプ氏の就任演説後にどうなるかと思いましたが、少し動いたけどとりあえず様子見といったところですね。私の所有しているP&G株は上昇していましたが。

 

そろそろ買いたい衝動が出てきているのですが、P&Gも上昇してしまったし買うタイミングが訪れません。色んなブログを読んでいたら今後日経も米国株も上がる予想が多いみたいですが、やはり急落を一度経験すると、疑い深くなってしまいますね。

 

しばらくまた様子見が続きそうです。現在CP40%ぐらいになっております。

 

たぴお